日々の記録

日記形式で文章を書く練習

会話、それはアポリア

昨日は新しい考察をした。それは誰も私の話を聞く気はないということ。嫌味で言っているわけではない。誰しも自分のこと、自分が考えていることを話したがっている。たとえ私に質問をしたときでさえそうだ。聞く前に答えは出ているから、あなたはそれを私から聞き出してくれというわけだ。他者と話すとき、相手をあたかも自分自身に話しかけるのと同じように話してはならない。そこには別の、全く知らない別の世界があるのだ。